Miyoshi-machi Artistic
culture Portal Site

MAPS

三芳町芸術文化ポータルサイト

MENU

コピスみよし

町の芸術文化の拠点

コピスみよしについて

   

町民のための芸術文化活動の場

 

コピスみよしは町民のための芸術文化活動の場として平成14年(2002年)4月21日に開館しました。

コピスみよしの役割は以下の3点を中心に位置づけています。

  1. 地域の文化・芸術活動の発表の場
    ・・・音楽、民謡民舞、ダンス、郷土芸能などの発表会
  2. 多様な要求に応える文化・芸術のふれあいと鑑賞の場
    ・・・音楽、演劇、芸能など優れた芸術文化の鑑賞
  3. 町民自らが多様な形で参加し、育ち合う文化・芸術活動の創造と交流の場
    ・・・ワークショップ、アウトリーチ活動などの参加型芸術創造活動

平成22年(2010年)からは、それまでの町の直営から、「東京ドーム・トールツリーグループ」を指定管理者に置き運営されています。

指定管理者について

 

良質な響きとあたたかみのある極上空間

 

コピスみよしのホールは音響的に非常に優れ、著名なアーティストたちから高い評価を受けています。可動式反響板を備え、様々なタイプのイベントに対応できます。また、最後方の席でも舞台から約19メートルしか離れておらず、どの席からでも舞台を身近に感じることができます。

良質な響きとあたたかみのある空間は、さながら“巨大な楽器”としての極上空間を実感できることでしょう。

 

座席表を見る

 

誰にも優しい、あたたかみのある空間

 

コピスみよしは「うるおい」や「ふれあい」を念頭に置き、木、土、石といった自然の感触を再現できる材質を使用しています。館内は有機のアートで彩られています。

 

Adobe Flash Player を取得

 

また、エントランスから客席はもちろんのこと、舞台までも段差なしで行くことができるようにバリアフリーに配慮しています。詳しくは「誰もが使いやすく」をご覧ください。

 

“コピスみよし”の意味

 

“コピス”とは、英語で“雑木林”を意味します。

三芳町文化会館が平成14年に開館する前年に愛称を公募し、三芳町在住の田村博一さんが名付け親となりました。

「林は緑を造り、水や空気を浄化し、人々にやすらぎを与える。文化会館も雑木林のようであってほしい」という願いが込められています。

 

館内案内図

 

コピスみよし館内案内図

 

施設概要

 

名称 三芳町文化会館 コピスみよし
構造 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
延床面積 3965.59㎡
主要施設
  • ホール(497席)
  • ミニホール(130名)
  • 楽屋(3室)
  • 会議室(2室/各30名)
  • 音楽スタジオ(20名)
  • 多目的室(福祉喫茶ハーモニー)
  • 事務室 他
工事期間 平成12年12月8日〜平成13年9月
開館日 平成14年4月21日
総工事費 13億8000万円