Miyoshi-machi Artistic
culture Portal Site

MAPS

三芳町芸術文化ポータルサイト

MENU

みよしの芸術

三芳町の"芸術文化"について

アウトリーチ活動

   

小さな頃から一流の芸術文化に触れる

 

三芳町とコピスみよしが取り組む多種多様な芸術文化事業の中でも、特に力を入れているのが「アウトリーチ事業」です。

アウトリーチとは「手を伸ばす」という意味があり、公共ホールが住民との新しい出会いを求め、芸術を身近に感じてもらうための活動です。

この活動はコピスみよし開館2年目の平成16年(2004年)より行なわれ、主に「小学校アウトリーチ」と「中学生芸術鑑賞会」に代表されます。

 

小学校アウトリーチ

 

小学校アウトリーチでは、大人数で鑑賞できる体育館ではなく、あえて音楽室で5年生を対象に実施しています。それは、プロのアーティストによる本物の歌や楽器演奏の迫力を、まさに“手の届く距離”で、感受性豊かな子どもたちが体験することで、笑顔(=心の豊かさ)につながっていくからです。

また、アーティストと一緒となり楽器演奏や歌う機会も用意し、仲間と力を合わせて一つのことをやり遂げる喜びを知ってもらいます。

これらの経験は、子どもたちの今後の人間形成に良い影響を与えることになるはずです。

アウトリーチ

 

アウトリーチ

 

中学生芸術鑑賞会

 

中学生芸術鑑賞会では、コピスみよしのホールに町内3中学校の1年生を集めて実施しています。コンサートの雰囲気を生で体験するため、劇場の受付係を配置したり、プログラムを配布するなど実際のコンサートと同じ環境で生徒をもてなします。

これは、コンサートで得られる特別で非日常的な楽しみ方を知ることも目的としているからです。

トップレベルのアーティストによる本物の音楽鑑賞はもちろんのこと、アナリーゼ(楽曲分析)やプロになるまでの道のりや体験談を語るなど、音楽の授業だけでは知ることのできない知識を得る機会にもなっています。

中学生芸術鑑賞会 

中学生芸術鑑賞会