Miyoshi-machi Artistic
culture Portal Site

MAPS

三芳町芸術文化ポータルサイト

MENU

イベント情報

気になるイベントに行ってみよう!

ちくまざわマンスリースクゥエアーVol.132

フラーダス・カルテット 〜美しき室内楽の夕べ〜

イベントは終了しました

内容 フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる室内楽コンサート
開催日時 2017年03月10日 (金)

開場時刻 18:30、開演時刻 19:00
出演 天辰直彦(フルート)
遠藤百合(ヴァイオリン)
坂口昂平(ヴィオラ)
佐野まゆみ(チェロ)
開催場所

竹間沢公民館 多目的ホール

(三芳町竹間沢)

Play Stop
  • フラーダス・カルテット

美しき室内楽の夕べ

Flerdas Quartet(フラーダス・カルテット)は、クラシックやジャズ、ポップスのほか、自ら作曲したオリジナル曲など様々なジャンルに挑戦しつづけるフルートと弦楽三重奏のアンサンブルです。2016年5月に結成し、都内を中心としたライヴ活動や特別支援学校への訪問演奏を行っています。

  • イベント概要
  • 料金・チケット情報
  • プロフィール
  • 開催日 2017年03月10日 (金)
    時間 開場時刻 18:30
    開演時刻 19:00
    会場

    竹間沢公民館 多目的ホール

    (三芳町竹間沢)

    内容 フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる室内楽コンサート
    出演 天辰直彦(フルート)
    遠藤百合(ヴァイオリン)
    坂口昂平(ヴィオラ)
    佐野まゆみ(チェロ)
    曲目・作品 第1部
    ・愛の挨拶(E.エルガー)
    ・羊は安らかに草を食み(J.S バッハ)
    ・水上の音楽よりホーンパイプ(G.F ヘンデル)
    ・タイスの瞑想曲(J.マスネ)
    ・アメージンググレース
    ・フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285(モーツァルト)

    第2部
    ・組曲「スペイン」よりタンゴ(アルベニス)
    ・The shy telephone(坂口昂平)
    ・亡き王女のためのパヴァーヌ(M.ラヴェル)
    ・Restart(佐野まゆみ)
    ・フルート四重奏曲 第4番 イ長調 K.298(モーツァルト)
    注意事項

    ※やむを得ない事情により内容が変更されることがあります。

    ※写真撮影、ビデオ録画、録音は固くお断りいたします。

    主催者等 主催:竹間沢公民館/マンスリースタッフ会議
  • 料金(税込)

    前売り:500円(中学生以上)
    当日券:600円
    ※小学生以下の方も参加整理券(無料・枚数に限りあり)が必要です。

    チケットのお求め先

    竹間沢公民館 049-259-8311
    中央公民館  049-258-0050
    藤久保公民館 049-258-0626

    注意事項

    ※やむを得ない事情により内容が変更されることがあります。

    ※写真撮影、ビデオ録画、録音は固くお断りいたします。

    注意事項

    ※全席自由席です。

    ※前売で完売した場合、当日券はございません。

  • 天辰直彦(フルート)

    宮崎県出身。11歳よりフルートを始める。尚美学園大学、同大学院を修了。
    フルートを野勢善樹、唐見啓子、菅原潤、室内楽を故浜中浩一各氏に師事。
    故ヴォルフガング・シュルツ、サラ・ルヴィオン、クロード・ルフェーブル、ソフィー・シェリエ各氏のマスタークラスを受講。
    2012年 第39回フルートデビューリサイタルに出演。
    2013年 第19回宮日音楽コンクールにて優秀賞を受賞。
    同年、フラメンコショーに急遽出演したのをきっかけに、都内近郊でタブラオ、イベントなどに出演するようになる。スペイン人とも共演するなど、数少ないフラメンコフルーティストとしても注目を集める。
    2014年にピアニスト岸淑香とフルートとピアノによるフラメンコジャズユニット「アマケット」を結成。2015年には地元宮崎県の小林市文化会館にて地元ライブを開催。更に2016年は宮崎・奄美大島でも公演し、好評を得る。
    他にもスタンダードジャズ中心のリーダーバンド「天辰直彦 Quartet」や、フルーティスト松村拓海との2フルート「松天」、ギタリスト大橋いさおとの「Spanish Jazz Project」、に参加など、ジャンル関係なく幅広く活動している。

    遠藤百合(ヴァイオリン)

    愛媛県宇和島市生まれ。2015年より宇和島文化大使を務める。
    桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業。ニュルンベルク音楽大学及び同大学院修士課程を修了。
    故久保田良作、加藤知子、梅原真希子、Valerie Rubin、Nachum Erlichらに師事。在学中より『桐朋学園大学室内楽演奏会』『ニュルンベルク音楽大学室内楽演奏会』『シューマンの夕べ』をはじめ数々の選抜演奏会に出演。
    Lions弦楽コンクール(ドイツ)第三位。バイロイトユースオーケストラアカデミー(ドイツ)にて首席奏者を務め奨学金を得るほか、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、パブロ・カザルス音楽祭(フランス)、チェルヴォ国際夏期音楽講習会(イタリア)など数々の音楽祭・マスタークラスに参加。Ulf Hoelscher、Ruggiero Ricci、Talich Quartetらの指導を仰ぎヨーロッパ各地で演奏会に出演する。
    帰国後はラ・フォル・ジュルネ音楽祭(東京)出演や室内楽演奏会・リサイタルの開催など、ソロ・室内楽・オーケストラ奏者として演奏活動を行っている。
    2015年には高山典子と結成したヴァイオリン・デュオ「Attic」のファーストアルバム「Songs from Skylight」を発売。またレコーディング・PV出演およびミュージカルの生演奏など、多岐に渡り活動している。

    坂口昂平(ヴィオラ)

    10歳よりヴァイオリンを始め、尚美学園大学在学中にヴィオラに転向。 2009年、長野国際音楽祭マスタークラスを受講し、コンサートでルードヴィッヒ・ミュラー(Vn)、高田剛志(Vc)と共演する。大学卒業後、様々なジャンルの演奏活動をする傍ら、自身主催のカルテットやバンドで作編曲をする。 ヴァイオリン、ヴィオラをエルンスト・レスター、中澤きみ子に師事。 室内楽を中澤きみ子、高田剛志、岩崎淑、霧生トシ子、故浜中浩一に師事。

    佐野まゆみ(チェロ)

    武蔵野音楽大学卒業。在学中アシュケナージを客員指揮者に迎えた学内選抜オーケストラにてトップをつとめる。
    第14回TIAA国際コンサートで室内楽にて優秀賞。第6回長江杯で優秀賞。
    現在はクラシックの演奏会などの活動を続けながら、チェロを今までに上塚憲一、勝田聰一各氏に師事。
    現在はクラシックの演奏会などの活動を続けながら、ジャンルレスをモットーに様々なジャンルや編成のライブ活動、もしくはライブサポートに重点をおいている。ライブの他はレコーディング、各種イベント、お芝居のバック演奏、音楽番組のバック演奏やpv出演など、多岐に渡った活動を行っている。
    2013年、弦楽カルテット「玉響 たまゆら」結成。
    2013年からはオリジナル曲も作り始める。
    2015年、ピアノ岸淑香とのデュオ、「アルコウ」結成。
    ジャズピアニストとクラシックチェリストとの化学反応をおこすべく、各地でライブ活動を精力的に行う。

お問い合わせ お問い合わせ

■三芳町立竹間沢公民館

TEL:049-259−8311(9:00〜22:00)

FAX:049-259−8345

休館日:毎月第1月曜日(祝祭日のときは翌週に振替)、年末年始

URL:https://miyoshi-arts.saitama.jp/community-center/chikumazawa/

コメントする

コメントは管理者の承認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム投稿防止のため、お手数ですが以下の空欄に正しい数字を入れてください *