Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/miyoshi-arts/miyoshi-arts.saitama.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
藤久保中の鈴木佳音さん、平成28年度中学生の「税についての作文」にて国税庁長官賞を受賞! | MAPS 三芳町芸術文化ポータルサイト

Miyoshi-machi Artistic
culture Portal Site

MAPS

三芳町芸術文化ポータルサイト

MENU

お知らせ

藤久保中の鈴木佳音さん、平成28年度中学生の「税についての作文」にて国税庁長官賞を受賞!

   
税についての作文 国税庁長官賞
国税庁長官賞を受賞した藤久保中学校3年生の鈴木佳音さん

平成28年度 中学生の「税についての作文」にて、三芳町立藤久保中学校3年生の鈴木佳音さんが国税庁長官賞を受賞しました。

「税についての作文」は、国税庁と全国納税貯蓄組合連合会が全国の中学生に作文を募集し、本年度は全国7,467校から629,534編の作文が寄せられました。将来を担う中学生の皆さんが、身近に感じた税に関すること、学校で学んだ税に関すること、テレビや新聞などで知った税の話などを題材とした作文を書くことで、税について関心を持ち、正しい理解を深めていただくという趣旨で実施しているものです。
鈴木さんは「税金で働く父」というテーマで、20年以上も白バイ隊員として働く父親と税の大切さを作文にしました。鈴木さんは今回の受賞について、「税の作文を書いたことで、父の仕事について深く知ることができたのでよかったです。その上、国税庁長官賞をいただくことができてたいへん光栄に思っています。これからも様々なことに興味を持ち、知識や教養を身につけていきたいと思います。そして、将来は父のように世の中に役立てるような大人になりたいです。」と感想を述べました。

また、鈴木さんは全国中学生人権作文コンテスト埼玉県大会においても、ハンセン病について自ら見聞きした体験を元に、差別と偏見への考えを書いた作文が優秀賞に選ばれました。

 

桑原孝昭教育長の話

「責任をもって仕事に取り組む父の姿から税金の重要さを考え、国民としての義務に言及する鈴木さんの思いがしっかり伝わってきました。」

平成28年度中学生の「税についての作文」(国税庁サイト)